県下最大規模の専用球場があり、多くの練習試合・公式戦も行われています。『人間力の向上』を目標とし全寮制で仲間たちと自立や礼儀作法を養います。夢の甲子園出場を達成するために、高い技能及び強い精神力の取得をめざし、日々練習に励んでいます。

【主な戦績】
甲子園出場・・・10回(夏ベスト4 1回)
明治神宮野球大会出場・・・1回(優勝1回)
国体出場・・・1回  九州大会出場・・・16回(優勝1回・準優勝2回)
県選手権大会・・・優勝18回(県内最多)
 
 全国大会出場を目指し、部員全員が日々の練習に汗を流しています。選手それぞれの魅力を見出し、伸ばしていくために基礎体力作りから始まり、フィジカル・メンタルそしてテクニックといったすべての分野において、経験豊富なスタッフ陣による計画的な指導を行っています。

【主な戦績】
全国高校サッカー選手権大会出場・・・1回(H17年度)
全国高校総体出場・・・1回(H26年度)
九州大会出場・・・7回(ベスト8・2回)
高円宮杯U-18プリンスリーグ出場・・・3回
 
 「信和力成」の言葉を胸に、全員がチーム一丸となって練習に励んでいます。スピード・パワー・技術そして精神力を身につけ、全国に通用するチームを目指しています。

【主な戦績】
大分県大会・・・優勝12回
平成25,26年度連続全国高校総体出場
平成25年度ウインターカップ出場
平成25年度大分県大会完全制覇(5冠達成)
U-18日本代表候補2名選出
 
 精神力の強化、そこから始まる柳ヶ浦高校柔道部。その結果として、近年はインターハイや九州大会といった上位大会に出場し、素晴らしい成績を残しています。

【主な戦績】
インターハイ…[団体出場]男子3回、女子1回 [個人出場]男子16回、女子7回
         優勝:男子1回、準優勝:男子2回、3位:男子2回
全国高等学校柔道選手権大会…[団体出場]男子2回、女子2回
         [個人出場]男子6回、女子4回  準優勝:男子1回、3位:男子3回
 
 より多くの実戦経験から、チームそして個人の成長を図ります。全国の強豪校のみならず、なでしこリーグのチームや強豪大学とも多くの交流戦を実施しています。また本校卒業生の多くがなでしこリーグで活躍中です。

【主な戦績】
平成24・25・26・28年度・・・全日本高等学校女子サッカー選手権大会出場

 
「事実は真実の敵である」。現状を満足することなく、常に真実=あるべき姿を求め、学校生活そして部活動に真摯に取り組み、「常に日本一を目指し、礼儀そして礼節においても最高のチームであろう」を目標とし、日々鍛錬に励んでいます。

【主な戦績】
インターハイ・・・出場14回
全国高校空手道選抜大会・・・出場8回
九州大会・・・出場30回(優勝11回、男子団体組手17連覇中)
 
 剣道は、県の理法の修練による人間形成の道です。この剣道の理念を念頭におき、礼節を重んじ、剣道を正しく真剣に学んでいく中で、互いの人格を尊重し、仲間を信じ、そして互いに切磋琢磨することで社会を生き抜く力を養うことを、柳ヶ浦高校の剣道部は目指しています。

【主な戦績】
インターハイ・・・出場1回
九州高校剣道大会・・・出場4回
九州高校選抜剣道大会・・・出場7回
玉竜旗大会・・・ベスト8(1回)
錦陵旗剣道大会・・・優勝(1回)